今年から始めた仮想通貨は全体的に低迷期みたいですね。

しかし、今後伸びていくことに期待しておるぞよ!
リップル頑張れ!

そんなバナオです。
前回書いた内容に基礎パッキンの話をさらっとしましたが
想像通り土台が完成していました

IMG_4121

このオレンジの木材が防蟻処理されたもの

昔は基礎に通気口を作ってそこで換気させていましたが

159

最近の基礎では、この基礎パッキンの隙間で換気をおこなっています

147

この換気方法に賛否両論あるみたいですが
自分の考えでは基礎に通気用の穴を開けない差は明白なので
基礎強度は間違いなく基礎パッキンの換気方法が強いと思っています。

あと、メーカーの話では従来の床下換気と比較して2倍以上の換気効果があるとのこと!


そして上棟
平日ってことや最近の流れからバナオは上棟式を行ないませんでした。

昔は屋根からモチを投げたりしていたみたいで
ちえっちは幼い頃に近所の上棟式に行ったことあるらしい。

んで、上棟は一気にするらしく、あっという間に終わっていました!

IMG_4125


基礎と違って一気に迫力感が増してきたぞ(=゚ω゚)ノ

壁面には住友林業と言えばこれ!
【きづれパネル】
IMG_4126

これがびっしりと張り巡らされていました!

IMG_4127

これで耐震性をあげているらしく
メーカはきづれパネルで壁倍率5.0を実現しますとのこと

正直何のこっちゃかわからないwww

ちょっと調べたところ

*******************
壁倍率とは、建築基準法で定められた耐力壁の持つ強さです。
壁の剛性、降伏強度、最大強度、靭性を総合的に考慮して定められた指標であり、国土交通大臣の認定を受けなければ取得することができません。耐力壁の仕様によって数値は異なり、壁倍率5が上限値となっています。
**********************


となると、これで最高の耐力を持つってことか???

ホントかよwwwよくわからん!
半信半疑なバナオは
次の構造立ち合いに大工さんとかに聞いてみようと思いました(*'ω'*)